> 日吉坂町会について

日吉坂町会について

日吉坂町会は、昭和50年(1975年)5月に設立されました。日吉坂に沿った目黒通りの北側と南側が町会区域です。

町会設立趣意書によれば、災害に備えるためなどの目的で、行政から防災住民組織の編成を呼びかけられ、「自分たちの地域は自分たちで守ろう」ということで、平常時にも環境衛生問題、福祉厚生問題などについて、親睦を図りながら、町会全体で解決していこうと設立されました。

昔は、目黒通り沿いを中心に、酒屋、米屋、菓子屋といった日用品を扱う商店が軒を並べ、商店主が中心となって「白栄会」という親睦の組織があったようです。現在、商店はほとんどなくなり、商店の跡にビルやマンションが建設されています。

役員会の組織

日吉坂町会の役員会は、次の役職にて構成されています。役員の任期は二年で、年度に1回行われる総会によって選出されます。

  • 会長
  • 副会長
  • 常任理事
  • 会計
  • 監査
  • 相談役

日吉坂の名前の由来

白金台駅から白金高輪駅に向かって歩いていくとすぐに、シェラトン都ホテルにかけて坂道になっています。その坂道の名前を日吉坂といいます。

日吉坂の名前の由来は、坂上の標識によれば、能役者日吉喜兵衛が付近に住んだためと伝えられています。他に、「ひよせ」「ひとせ」「ひとみ」などと書く説もあるそうです。